ISOマーク

行動計画

当社は、多種多様の金属製品を加工・製造・販売する企業として、地域社会に貢献するとともに、当社が行う生産、販売などの活動が環境に様々な影響を与えていることを認識し、環境負荷の低減に、全従業員で取り組んでまいります。

①計画期間
平成22年6月1日から平成24年5月31日までの2年間
②計画内容
■目標1(社員全員に対して)
職場における育児に関する意識を高め、両立支援を含めて育児を行う従業員に対して、理解と協力が得られる風土、体制作りをする。
■目標達成のための対策
育児に関する諸制度、両立支援について、社内掲示板等を通じ、定期的に周知を図る。
所属長には両立支援制度を理解してもらい、女性従業員が育児制度利用を申請した際に「快く承諾できる」と言う意識を高めるようにする。
■目標2(出産、育児休業者に対して)
出産予定者に両立支援の内容を説明するとともに、休業から復職までの必要書類(休業申請書など)を配布する。
■目標達成のための対策
各種保険制度の利用により安心して育児休業出来るようにプログラムを組み出産予定者に説明する。
休業から復職までの必要書類を揃え、配布をし、本人の負担を軽くするため会社が代行して、各種保険給付申請等を実行。保険給付受給等が速やかに行われるようにして、育児に専念出来るようにする。
■目標3(職場復帰予定者、子供を育てる労働者に対して)
職場復帰予定者、子供を育てる労働者に対しての環境整備をする。
■目標達成のための対策
育児休業後の労働条件を明確にするとともに、育児休業後に原職又は原職相当に復職出来る事を就業規則に記載し、安心して休業を取れるようにする。
原職又は原職相当職へ復帰の為の業務内容や業務体制の見直し、対象者の希望に沿える様に配属先の変更も含め検討して実行する。
所定労働時間を超えて労働させない制度を設け、対象者に制度を周知させる。